大和三山円鏡

出品オークション
品番
A-030
サイズ
12×12
商品カテゴリ
最低入札価格
50,000円~
その他
付木箱(桐)

物語

厳めしい亀の唇に双鶴が嘴を寄せる。いわゆる接吻鶴だが鋳上がりも良い。鏡背への接吻鶴の登場は15世紀頃とされる。亀紐を中心に丸文を三方(三角)に配すが、丸文の中の不可解な図形を三山に〆縄を廻らせた図形だと観察すると、それは神体である大和三山(畝傍・耳成・天香具山)を神界とした古代の自然崇拝を思い出させる。結果、三山信仰を視覚化した神体鏡ではないかと考えさせられることになる。

カタログ請求お問合せ