伊藤若冲 拂子画賛幅

出品オークション
品番
D-046
サイズ
29×112 表具37×178
年代
江戸 edo
商品カテゴリ
作者
伊藤若冲 Jakuchu Ito
最低入札価格
3,500,000円~
その他
付木箱(杉) 紙本 牙軸端

物語

丹崖道人賛 『伊藤若冲展』(2019年3月26日 福島県立美術館)所載
よみ「兎角杖懸亀毛拂 山川何處有塵埃」

伊藤若冲(享保元・1716~寛政十二・1800)は画家、京都錦小路の青物問屋枡屋に生れる。名汝鈞、字景和、別号斗米庵、米斗翁ほか。はじめ狩野派、のちに宋元明の中国画を学び、琳派の画風も取り入れ、写実性に装飾性を加えた独自の作風を完成。生涯独身、晩年は山城深草の石峰寺の傍らに閑居した。

#若冲 #奇想の絵師 #奇想の画家

カタログ請求お問合せ