興福寺獅子曳絵馬

出品オークション
品番
B-002
サイズ
86×63
商品カテゴリ
最低入札価格
1,500,000円~

物語

興福寺の室町時代作の絵馬群は、東金堂の屋根裏から発見された。

掲出の図様は優填王が唐獅子を曳く場面である。優填王は、文殊菩薩に帰依した西域の王で、ここでは獅子に乗るべき文殊菩薩を描かず、その信仰を心象させる留守絵が採用されている。留守絵の絵馬に仮託されたのは、謎解きを含め、文殊菩薩の知恵への尊崇にほかならない。

カタログ請求お問合せ