法隆寺百万塔

出品オークション
品番
B-057
サイズ
10×10×21
商品カテゴリ
最低入札価格
¥850,000.~
その他
付識箱(モミ)

物語

木造百万塔は、藤原仲麻呂の乱を鎮圧した孝謙上皇が、淳仁天皇を廃し、重祚して称徳天皇となり、改めて国家鎮護を願って、十大寺(東大寺.西大寺.元興寺.大安寺.興福寺.薬師寺.法隆寺.川原寺.四天王寺.崇福寺)に各十万体の木造三重塔百万体と一万塔ごとに造られた七重塔(節塔)百体、及び十万体ごとの十三重塔十体が、神護景雲年間に着手され、宝亀元年には約五年を費やして完成し、十大寺に納められた。なお、現存するのは、法隆寺に残る四万三千体と法隆寺から出蔵し、巷間に残るものだけである。掲出も後記した出蔵の一体にほかならない。『御寶物図絵』では「無垢浄光塔 百萬塔とも」。

カタログ請求お問合せ