浅井忠 大悟徹底画幅

出品オークション
品番
D-171
サイズ
32×128 表具43×190
商品カテゴリ
作者
浅井忠
最低入札価格
200,000円~
その他
東京美術倶楽部鑑定書 「戯墨大悟徹底の図」

物語

浅井忠(安政三・1856~明治四十・1907)は江戸の佐倉藩邸で、浅井常明の長男として生まれる。国澤新九郎の画塾彰技堂で油彩を学び、のちに工部美術学校に入学してイタリア人教師のフォンタネージに師事。明治二十二(1889)年に我が国初の洋画団体「明治美術会」を設立し、『春畝』、『収穫』を出品。明治三十三(1900)年から2年間フランスへ留学。帰国後は新設の京都高等工芸学校図案科の教授となる。関西美術会の中心となり、その発展に大きく貢献した。

カタログ請求お問合せ