般若寺四方佛拓本幅 四方梵字香炉 銅造誕生佛 青貝春日卓

出品オークション
品番
#112~#115
サイズ
拓本軸 122×134 表具129×177
最低入札価格
拓本100,000円~ 香炉80,000円~ 誕生佛60,000円~ 春日卓100,000円~

物語

般若寺の十三重塔は、建長五年(1253)に興正菩薩叡尊によって造立されたもので、その巨大さであたりを睥睨(へいげい)した。

大幅に比べ豆粒のように小さい石造の四方梵字を刻した塔心は、いつの時代かに本来の塔姿を離れ、香炉に転用された。大小の妙を見る。

カタログ請求お問合せ